手提げ袋と通販を上手く繋げて会社に大きな利益をもたらせる!

ポスティングのメリット

郵便受け

ポスティングを行なう業者の数は年々減ってきていますが、それでもポスティングという行為はちゃんとしたメリットを会社に与えてくれます。コストパフォーマンスを上げるために外注に依頼するという方法もあります。

More Detail

集客率アップに最適

グッズ

ノベルティグッズ、いわゆる販促品は、制作し配布することで。会社の認知度を大きく上げることができます。いろいろな商品をノベルティグッズとして販売できるので、制作費や人気度合いなどを考えて、相手が喜ぶと思えるものを購入しましょう。

More Detail

手提げ袋と通販の関係性

鞄

販促品の種類を挙げると、枚挙にいとまがありません。会社が「これは自社の販促品です」と言えば、それはその会社にとっての立派な販促品なのです。最近は、手提げ袋をある種の販促品として扱う企業も増えているようです。手提げ袋というアイテムに、どのような販促効果があるのでしょうか。まず手提げ袋の用途を考えてみましょう。一般的に「袋」と言えば、そのお店で購入した物を収める袋であることがほとんどです。お客様が商品を購入してから帰路に着くまでの間その手提げ袋を持ち歩くのであれば、それは周囲への大きな宣伝効果を持ったアイテムとなるのです。その手提げ袋が丈夫で良いデザインのものであれば、別の場所でも使ってくれるかもしれません。それを考えれば、一種の立派な販促品と言えるのです。一般のお客様だけでなく、営業先の企業に渡すのも良いかもしれません。

オリジナルの手提げ袋を制作したのであれば、通販で買い物をしたお客様にもその手提げ袋を適用しましょう。購入した商品をオリジナル手提げ袋に入れることで、お客様の頭には「◯◯で◯◯を購入した」と再認識してくれます。良い素材の手提げ袋を制作している場合には、「通販で◯円分購入したお客様には特製手提げ袋をプレゼント」という形で宣伝してみるのも良いかもしれません。通販というシステムを設けていないのであれば、手提げ袋の制作と同時に検討してみるのも良いでしょう。手提げ袋と通販サイトを経営に上手に絡ませれば、集客率アップが大いに望めるのです。

自社の大々的なアピールに

看板

看板を掲げることで、会社を多くの人に知ってもらうことができます。自社で作ることも可能と言えば可能ですが、どうしても時間と手間を要してしまいます。そのようなときに頼りになるのが専門業者です。

More Detail