マックの隆盛を支えた人物|原田泳幸の経営姿勢にクローズアップ

カリスマ経営者から経営学を学ぶ

経営のスリム化

ガッツポーズ

原田泳幸さんは経営戦略の一つとして、店舗のフランチャイズ化を測ることにより経営に関する効率を上げることができました。大規模フランチャイズ経営により直営店から経営を切り離し、掛かる経費を削減することで大きな利益を得ました。

詳しく知る

こだわりの立地条件

腕をくんだ男性

原田泳幸さんは、経営戦略として都会の一等地を優先的に取得し、店を構える事にこだわっていました。マクドナルドを利用する層である若者がこうした地域に集まるため、需要に合わせた戦略として行っていたのです。

詳しく知る

必要となるQSC

書類を持つサラリーマン

原田泳幸さんは、QSCの徹底を行なうことによりマクドナルドの業績を向上させました。どのような外食産業でも必須となるQSCを徹底することで、お客さんへの信頼を獲得することに成功したのです。

詳しく知る

カリスマ経営者

メモをとる

原田泳幸さんは、2004年にマクドナルドの社長として就任した有名な経営者です。その経営方針は堅実かつドラスティックなものとして評されており、利益向上を測るためにさまざまな戦略を行った辣腕の経営者なのです。就任してわずか4年で全店舗での売上高4000億円を達成したことが有名であり、経営者としての手腕も多くの経済誌に取り上げられるほどの人物なのです。特にマクドナルドへ大きな利益をもたらしたのが100円マックと呼ばれるサービスであり、一部メニューをワンコインで購入することができる様にしたことで、たくさんの利用客を獲得することができたのです。安く、さらに小銭などが返却されることがないとしてワンコインでのサービスは多くの飲食店でも利用されています。気軽に立ち寄り、すぐに出来立てのハンバーガーが提供されることがマックの強みであるため、この100円マックは顧客の回転率を向上させることにも貢献し、高い利益をもたらしたのです。

原田泳幸さんは、利益の追求のために非常に堅実な戦略を打ち出してきました。QSCの向上を各店舗へと通達することで、外食産業としての顧客への信頼を獲得することが出来た他、立地条件のよい地域への出店することにより、多くの集客効果をもたらしてきたのです。特に繁華街などであればマクドナルドの主な客層である若者が多く利用してくれるため、立地条件のよい土地に大型店を構えることで、需要に合わせた経営を行なうことができたのです。このように原田泳幸さんは確実に利益の上がる非常に地道な戦略を活かし、マクドナルドの経営利益を向上させてきました。経営者としてのこうした姿勢は、これからお店の経営を行おうと考えている人に取って参考とすることができるでしょう。

新着情報

ワンコインでの戦略

指を指す

原田泳幸さんが行った経営戦略として、100円マックが挙げられます。ワンコインでハンバーガーやコーヒーが楽しめたので、多くの人が朝食や間食代わりにマクドナルドを利用してくれたのです。

»詳しく知る